わたしが学生時代に集中になったことはバスケットボールだ。

あたいが学生時代に釘付けになったことはバスケットボールだ。
小学生の同級生に誘われて、豆バスケットボールチームに入ることになりました。当たり前のようにバスケットボール部に入った中学生ご時世は常々必ず走り回り、リハは常々夜更けまで。コンペティションには下級生のときから出して味わうものの、怒られることばかりで、びくびくしながらプレーを通していました。でもバスケットボールを明るいと思っている自分がいたり、結果を残せるって何とも言えない満足があったり、まだまだかしこく恋い焦がれるといった常々思っていました。ハイスクールもバスケットボール部に入りました。中学生はちがい、頭を使ってバスケットをするグループで、何かと新しく学ぶことが多かったです。進学校だったので、少ないリハスパンのなかでどんなに集中できるかというところをがんばりました。3層時折、国内からアスリートを集めているハイスクールに格好戦で勝つことができ、今までバスケットボールを続けてきてとってもよかったということができました。バスケットボールをとおして、技術感情の修正だけでなく、チームメートってプレーを通して行く難しさ、また楽しさを学べた実態、果たして嬉しくおもっている。おすすめはこちら!

わたしが学生時代に集中になったことはバスケットボールだ。